白髪染め

一本でも白髪染めを使うべき?一本だけの白髪の対策3パターン!

2017/06/05

白髪染め 一本

先日、友人に撮ってもらった写真で頭上の位置から撮影されていたものがありました。それで初めて気付いたのですが、頭頂部近くの場所に一本だけの白髪が生えていました。

ビックリしたのとショックで慌てて抜いてしまったのですが、白髪を抜くのは良くないという話もよく聞きますよね。一本だけの白髪、どういった処置が適しているのでしょうか?

1. 一本の白髪は染めるべき?

全体的に白髪が出ていたり、何本も目立つ白髪がある、という場合は白髪染めをするという人が多いですよね。でも一本だけの白髪は染めるべきなのでしょうか?

まず白髪染めというのは、髪の毛を染めるという方法であるため、やはり髪へのダメージは残ってしまいます。白髪染めにも、ヘアカラー、ヘアマニュキア、ヘアトリートメントと種類があります。

ヘアカラーは髪の内側から色を染めていくためダメージの点では一番大きくなります。ヘアマニュキアは、髪の表面の色を染めていく方法ですが、ヘアカラー程ではないにしろ、髪にダメージは残ります。ヘアトリートメントは、トリートメントしながら髪の表面を染めていくので、髪のダメージあ少ないですが、ゼロではありません。

また、髪を染めるという作業も、染料を付けて時間を置いて洗い流すというのは時間も手間もかかります。髪全体を染めるという目的であれば、白髪染めで染めていくのが一般的ですが、一本の白髪の為にそこまでの労力、髪のダメージを考えると思いとどまってしまう人も多いのではないでしょうか。

2. マスカラタイプの白髪染め

では、一本の白髪を効率良く染めるにはどういった方法が適しているのでしょう。最近よく見かけるのが、マスカラタイプの白髪染めです。同じものででスティックタイプも売っています。

化粧で睫毛にマスカラを塗る用量で白髪の箇所にマスカラで染料を付けていくという方法なので、一本の白髪でも効率良く作業する事ができます。

一般的な白髪染めは、染料を付けた後で洗い流すという必要がありますが、マスカラタイプの白髪染めは、洗い流さずに毎日塗ることで少しずつ髪を染めていくという方法の白髪染めです。

そのため、即効性はありませんが、徐々に髪を染めていく事で髪への負担は少なく、手間も殆どかかりません。

3. 染めるより隠す

マスカラタイプのものならば、白髪染めではなく白髪隠しを使うという方法もあります。こちらは髪を染めるのではなく、髪に色を塗るという方法で洗い流せば塗料は落ちます。髪の上に色を塗っているだけなので、髪を傷める心配もありません。外出先でもサッと塗る事が可能です。

一本だけの白髪を今すぐ隠したいという的には白髪隠しを使う事をおすすめします。髪を染めるわけではないので、必要な時に都度塗らなければいけません。白髪が何本もある場合、都度塗るのは手間でしょうが、一本だけなら簡単に白髪を隠すことが可能です。

4. 白髪は抜くと増える?

冒頭で、自分の白髪を一本抜いたというお話をしましたが、白髪を抜くと増えるというのは本当なのでしょうか?

実際は、白髪を抜くと増えるという科学的根拠はありません。それでも白髪を抜くと増えるという噂は随分と昔から聞きますよね。これは、白髪が生える原因に関係があります。

白髪の原因は色々ですが、その一つに髪の栄養不足があります。髪の毛は血液から送られる栄養を素にして、作られていく細胞です。そのため、体内の栄養が不足するとその影響を受けやすく、健康な黒い髪が作られなくなってしまいます。

分かりやすくいうと、白髪が生えている毛根は通常よりも弱っていて、刺激やダメージにも敏感になっています。髪を抜くことで、毛根や細胞にも刺激が伝わってしまいます。抜き方が強ければ、周りの毛根にもダメージが加わってしまいます。髪の細胞が弱ってしまうと、健康な髪が作られず。結果として白髪や抜け毛、パサつきの原因となってしまうのです。

白髪を抜くという行為が白髪を増やすという直接的な原因にはなりませんが、毛根や細胞を傷付ける行為であるということは同じです。一本だけ生えている白髪は確かに気になってしまいますが、むやみに抜くのは避けた方が良いですね。

5. 白髪を切る

抜くのは駄目と分かっていても一本だけ生えた白髪というのは気になってしまいます。かといって白髪染めは面倒です。

その場合、抜くのではなく根元付近までハサミで切ってしまうという方法があります。一本だけの白髪ならこの方法が一番手っ取り早いといえるでしょう。

カットする際に、他の髪を一緒に切ってしまわないように注意しましょう。あまりに根元ギリギリだと切る際に謝って根元を切ってしまう可能性もあります。根元から3mm以上は開けて切るようにすると安心です。

おわりに

白髪は年齢を重ねていくと、どうしてもその量は増えてしまいます。髪全体に白髪が目立つようになると、白髪染めを使う機会は増えていくでしょう。

一本だけの目立つ白髪がある、という場合は白髪染めを使うよりも、白髪隠しや切るという方法を取る方が良いでしょう。一生付き合っていく髪です。なるべくダメージを少なく、健康な状態を長く維持できるようにしていきましょう。


-白髪染め