白髪の改善と対策

『30代の白髪対策』 まだまだ改善できる!?

30代 白髪

白髪は30代後半から早い人ですと30代に入る前からちらほら見かけるようになってきます。白髪が多いと実年齢より老けて見られがちですし、30代は老けて見えるか若く見えるかがはっきり出やすい年代です。

今回はそんな30代で目立ってくる白髪の対策法と改善法をまとめていきます。白髪が気になりだした30代の方!必見ですよ。

1. 老けて見られてしまう30代の白髪発生原因は?

医療の発達によって男女ともに平均寿命が上がってきている現在の日本。そんな中30代なんてまだ人生の半分もいっていない年齢です。まだ若い30代なのに白髪が増えてきたと言う人は結構います。

白髪は皆さんご存知のように老化現象ですので生きていれば自然と発生し増えていきます。30代前半までに発生した白髪は老化が原因ではない可能性が高くそういった白髪はちょっとした原因を突き止めてきちんとケアをしていくことで改善されます。

まず、白髪の原因は髪の毛に上手く着色できないことに有るので着色がちゃんとできるように生活リズムを整えることが大切です。

元々髪の毛は毛母細胞で色が無い状態で作られます。その毛母細胞で作られた髪とメラノサイトで作られたメラニンが合わさることで色が入った状態で表面に出てきます。

この過程のどれか一つでも上手く働いてくれないと髪自体が生えてこなかったり、白髪が発生してしまうのでこれらをきちんと働かせてあげるためにしっかり睡眠と栄養を摂るようにしましょう。

生活のちょっとした見直しで改善されるならこれはやらない手はないですよ。

2. 白髪が目立ってきた30代の方たちのリアルな声

私の周りにも白髪に悩む30代は大変多くいます。比較的男性の方が30代前半からその様な声を聞くことが多いように感じます。

女性は元々おしゃれ染めなどで髪を明るく染めている人が多く自分で白髪に気付きづらいと言うのもありそうですが、30代前半の女性はまだ白髪に悩む人は多くなかったです。同じ30代でも遺伝や生活習慣でだいぶ違いがあるように感じました。

30代で白髪を一本発見したと言う人はその時はショックを受けてすぐその一本を抜いたようです。そしたら同じ部分からまた生えてきたので再度抜いたら生えてこなくなったと言っていました。

彼女の場合その一本以外全く白髪は無く髪も染めていないのでキレイな黒髪です。ダンスのインストラクターをやっている彼女は食生活に気を使っており毎日たくさんの葉物野菜と海藻やキノコ類を毎食摂り入れているようで前に一度凄く鮮やかなお弁当を見せてもらった時もありました。

彼女の場合は職業柄ではありますが運動も日々取り入れ食事に気を使っていたら白髪は生えづらいということが実証されているようにも思います。逆に、30代前半から白髪に悩む男性は喫煙もされていて睡眠時間も残業が多いため短く、寝入るために飲酒を結構なさっているとのことでした。

食事もラーメンやインスタントやレトルトなど簡単に済ませられるものばかりで栄養バランスはあまり考えていないとのことでした。

仕事では出来の悪い人が自分の部署に配属されて日々ストレスとも戦っていると仰っていて聞いていてかわいそうに感じるほどでしたが、大体今の日本で働いている人は後者が圧倒的に多く前者のように好きなことが仕事になって収入となっていると言う人は少ないと思います。

白髪改善のため彼にもアドバイスしましたが食事の時は野菜を一品レンジアップで出来る物を追加で入れて、休みの日はダラダラせずストレス解消も兼ねてランニングやウォーキングすることがオススメです。

3. 白髪が目立ってきた30代にオススメの白髪染め

30代で白髪が目立ってきて周りから指摘されて気付くと恥ずかしいですよね。今すぐどうにかしたいと言う人も多くいると思います。

本来なら生活習慣の改善で徐々に改善していくことが髪にも頭皮にも自分自身の健康にも良いのですが、そんな悠長なこと言っていられないから早くいまある白髪をどうにかしたいと言う人にオススメなのがやはり白髪染めです。

白髪染めも今は種類が多くドラッグストアではおしゃれ染めと間違えるほどカラーバリエーションも増えて本当に白髪染め?と見直してしまうくらいあります。

従来のお風呂でしかできないような白髪染めから生え際の部分隠しなどもありますし、お出かけ前にさっと白髪を隠す白髪隠しも種類は豊富です。

30代男女ともにオススメの白髪染めがレフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー レフィル300gです。ヘッドスパまで出来てしまう一石二鳥の白髪染めです。髪色も5色あるので一番自分のイメージに近い物が選べることもポイントです。

白髪染めってどうしても従来のものは“髪が傷んでしまうから美容室に行ってきちんと染めてもらってトリートメントまでしてもらってお高くついてしまう”というイメージがありましたが、今は白髪染めで髪をケア出来てしまう時代です。

そして30代に限らずオススメなのがラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメントです。こちらはお風呂で3分時間を置くだけで染まるヘアカラートリートメントで時間短縮だけでなくフローラルアロマの香りなのでいかにも白髪染めをしました!と言う臭いが残らないのも良いですね。

4. もう絶対老けて見られない30代の白髪改善法って?

白髪があるだけで5歳は老けて見られるって知っていましたか?35歳の人は40歳に見られているのですよ。白髪があるのと無いのではきっと雲泥の差が出てくると思います。老けて見られるなんて嫌だという30代の方はきちんと白髪をケアしていきましょう。

30代後半であっても老化が原因でない白髪であれば、ちょっとした工夫でちゃんと黒髪を増やす事ができます。ただ、30代であろうがなかろうが今表面に出ている白髪に対しては白髪染めをするしか改善法はないので、これから生えてくる髪を白髪にさせない対策と予防法です。

白髪の原因は髪の毛を作る過程で髪を黒く染める色素細胞(メラノサイト)が弱まってメラニン色素が作れなくなることや、メラニン色素が出来たのにちゃんと髪に染まらないと言ったトラブルがあります。

なので、メラノサイトを活性化する事が白髪の発生を抑える一番の対策です。そのためにメラノサイトの働きを活発にしてくれる栄養素のヨード(ヨウ素)を摂りましょう。

ヨードと言われてもピンとこないと思いますが、食品として上げるとわかめ・昆布・ひじきやノリなどの海藻類と鯖・鰯・ブリなどの青魚が多く含まれているので積極的に和食を摂ることがオススメです。

更にメラニン色素の原料にチロシンと言う栄養素があり、こちらはチーズ・バナナやリンゴなどの乳製品から果物まで含まれています。

更にタンパク質としても積極的に摂取したい魚介類や大豆製品にもチロシンが含まれているので、もっとも仕事が忙しく食事がまともに摂れないと言う30代には特にバランスに気を付けて摂ってほしいです。そして白髪ケアをきっちり食物からしていきましょう。

おわりに

白髪を発見してショックを受けるのは30代に限ったことでは有りませんがやはり年を取ったのかなぁ?と感じてしまいますよね。

白髪は老化現象の一つでもある自然なものなのですが、最近は特に20代~30代といった若い人たちに増えてきているようです。

白髪で悩んだらまずご自身の生活を見直してみましょう。少しの工夫で悩んでいた白髪が目立たなくなるはずです。30代以降の方も年だからと諦める前に一度行動してみることをおススメします。


-白髪の改善と対策