白髪染め

白髪染めにはマニキュアをオススメする4つのポイントを大発表!

2017/03/26

白髪染め マニキュア

皆さんは白髪染めをする際、どこにこだわりをもって選んでいますか?CMで良く目にする商品でしょうか?それともブランド、会社名でしょうか?お友達からオススメされた商品を使用しているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

沢山の種類がある白髪染めですが、今回は良く耳にするマニキュアについて特に詳しくみていきましょう!

1. まず一般的な白髪染めって、、どんなもの?

一般的な白髪染めはヘアカラーと呼ばれる、ドラッグストアなど市販で販売しているものになります。髪の色を一度抜いてから色を染めていく、2つの薬剤を混ぜて作られたものです。

商品棚を見ていると、若い方向けにも販売している種類の豊富なヘアカラー用と白髪染め用が販売されていていますが、ヘアカラー用を選ぶべきではないです!なぜなら、ヘアカラー用は黒髪を染めるために作られ、白髪染め用は白髪を染めるために作られています。

白髪染め用と書いてあるので見たそのままの意味、、になりますが、ヘアカラー用だと白髪が上手く染まらないんです。ポツポツと少ない白髪の方だと染まることもありますが、白髪が目立ってきたかもしれないな、と感じる方はぜひ白髪染め用を選んでいただきたいです。

白髪染めヘアカラーの良いところは、一度でしっかり染まり、色持ちが良いです。白髪染めをしてからのケアにより個人差がありますが、2~3ヶ月はもつと言われています。また、明るい色と暗い色のどちらにも染めることが出来るので、ご自身の好きな色を選べるのも大きな特徴です。

ただし、普通のヘアカラーを繰り返すと髪が痛むのと同じで、白髪染めヘアカラーも普通のヘアカラーと同じように髪の色を抜いてから色を入れます。この色を抜くことが髪に大きなダメージを与えるので、あまり頻繁に白髪染めをすると、傷みやすくなってしまいます。

傷んだ髪、細くコシのない髪質をお持ちの方に白髪染めヘアカラーは染まりやすいのでオススメです。逆に、太くコシのある髪質の方には染まりにくいのであまりオススメ出来ません。

パサパサの傷んだ髪はやはり避けたいですよね。傷みから髪を守るためにも2、3ヶ月に一度を目安に白髪染めをしていただければと思います。また、気になっている部分のみを部分染めするという方法も良いですね。

2. ヘアカラー以外の白髪染めの種類とは?

ヘアカラー以外に、マニキュアタイプ、スプレータイプ、シャンプータイプと3つのタイプがあります。他には、白髪染めのトリートメントタイプや、ヘナカラーという植物染料のものもあります。

中でも人気はヘアマニキュア!マニキュアという言葉は聞いたことがある方も多いかもしれませんね。ヘアマニキュアにも沢山の種類があり、種類により多少変わってきたりしますが、白髪染めトリートメントも同じマニキュアタイプとなるものが多いです。

3. では人気のヘアマニキュアとはどんなもの?

なぜヘアマニキュアが人気なのでしょうか?その理由は、1番に髪への負担が少ないところ。そして、綺麗な髪質を保つ成分が沢山含まれているというところです。

どうして髪への負担が少ない仕組みになっているのか、それは、爪を塗るマニキュアをイメージしていただければわかりやすいのですが、ヘアカラーのように毛根まで染めているのではなく、表面の色をコーティングしているだけなんです。

もう1つ人気の理由は、色のバリエーションが豊富なところです。ヘアカラーと同じように自身の好みの色に染めることが出来るなら、髪への負担が少ないヘアマニキュアの方が良いですよね!

ただ、表面の色をコーティングしてるだけ、と聞くとしっかり染まるのかな?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。しっかり染まります!

なぜなら、ヘアマニキュアは白髪を染めることが出来るのに対して、黒髪を染めることが出来ないのです。よってマニキュアは白髪染めにとっても向いている商品と言えます。良く色も入るので、ブリーチをした後にヘアマニキュアを利用して明るい色に染めている方も多いです。

自宅で染める場合の放置時間も10分程度と、良いこと尽くしのヘアマニキュアですが、実は短所があります。それは、色持ちがあまり良くなく、2、3週間ほどというところです。

なんですが!ヘアマニキュアは髪への負担が少ないので、染め直しをするときはもちろん、毎日使用してもほぼ髪にダメージを与えずに白髪染めをすることが出来るんです。

4. 良いこと尽くしのヘアマニキュア、注意する点は?

ヘアマニキュアは、シャンプーをすることによりだんだんと色落ちしていきます。なので、毎日使用するシャンプーを色落ちしにくいシャンプーに変えることにより、色落ちを防ぐことが出来ます。

また、自宅でマニキュアを使い白髪染めをする場合は、注意することが2つあります。1つは、良く染まるので手や皮膚などに付着するとなかなか落としにくいところです。十分注意して染めていただきたいです。

もう1つは、ドラッグストアなどで販売されている市販のものを使う場合は、ヘアカラーと同じ成分入りのものが多いんです。ヘアカラーほどではないですが、髪が傷んでしまう可能性があります。一方、美容院は痛みにくいマニキュアを使用しているのでお任せするのも良い方法ですね。

おわりに

白髪染めのヘアカラーとヘアマニキュアのメリットとデメリットをお伝えしましたが、いかがでしたか?どちらか1つを使用することも良いですし、しっかりとヘアカラーで染めてから、色落ちしてきたときのメンテナンスは髪の負担の少ないヘアマニキュアを使用する、というのも1つの方法です。

どちらを使用しても色の種類が豊富なので、おしゃれも楽しめますね!白髪と上手に付き合っていきましょう!


-白髪染め